アブソリュート・モデストを限界まで強化!AF詰め込みすぎネメシス!【シャドバ/シャドウバース】

また、デッキの性質上抱える問題点としては、 ・進化権を要求するフォロワーが多い(〈アブソリュート・モデスト〉、〈暗獄の遣い・ジャスパー〉、〈アイアンスティンガー〉) ・破壊されるアーティファクトの種類が、プレイングで干渉できない山札の偏りや、環境に多いビショップの消滅に左右されやすい という点がありました。 いずれもデッキの弱点である〈ストレイホロウ・イルガンノ〉への高い依存度や〈パラダイムシフト〉のコストの下がりにくさを緩和してくれるカード。

14

AF軸OTKネメシスの構築と立ち回り【シャドウバース/Shadowverse】

最後に、このデッキでは「」が2枚に減らされています。 ただ、前者4枚と違い本体のパワーは控えめでかつエンハンス目的込みで見てもやや過剰投入気味なのは否めない。

AF軸OTKネメシスの構築と立ち回り【シャドウバース/Shadowverse】

という多彩な能力を持っています。 ・中盤は〈天覇風神・フェイラン〉の直接召喚に合わせて横並びを意識してフォロワーを展開し、盤面処理を相手に押し付けましょう。

Re:ゼロから始めるローテAFネメシス【FoHアディショナル編】|La+|note

しかしリーダー効果付与をしているだけで盤面処理のしやすさと顔面の詰めやすさが大きく向上するため、3枚積まれることがほとんどであろう。 対面がAFネメシスのときはラストワード持ちフォロワー2体以上巻き込めるまでプレイを我慢することもよくあります。 AFが後半息切れしやすい点をOTKプランでカバー。

モデスト抜きAFネメシスの解説|Can I see|note

勝利プランの一つである「アーティファクトの種類」を稼ぐことによるバーンダメージが〈《世界》・ゼルガネイア〉+〈ラグナアウェイク〉によるOTKにさし変わり、採用枠に余裕をつくった分「20体破壊」達成による勝利により重きを置いたデッキになります。 ヴィズヤを召喚。 ———— 【ファンファーレ】エンハンス 7;「このフォロワーはEPを消費せず進化できる」を持つ。

【シャドバ】AFネメシスで16連勝のデッキレシピ!AFネメシスでアディショナルのアブソリュート・モデストを活かすための構築は?!デッキコードあり!

もっと使いやすくて強いアーティファクトが何種類か追加されれば. ---------- 7;「このフォロワーはEPを消費せず進化できる」を持つ。

Re:ゼロから始めるローテAFネメシス【FoHアディショナル編】|La+|note

相手によってOTKとAFのプランを変えられる。 ただ《アイアンスティンガー》の場合は進化をキーカードである《アブソリュート・モデスト》《異物の番人・ルチル》と食いあう点、《チャクラムオフィサー》は3コストで3点打点とカードバリューがとても低い点がネックである。

【シャドバ】アブソリュート・モデストの評価と採用デッキ【シャドウバース】

このデッキの弱点• 10ターン目まではAFとして立ち回る。 要は「 5ターン目に《異物の番人・ルチル》を進化するのは悪手になることが多い」ということである。

15