ステータス計算式

そのため、4の倍数に満たない端数の努力値は無駄になってしまう。

ステータスの仕組み

個性も必須ではありませんが、入力をオススメします。 ポケモン第二世代までの場合は52の部分が51になります。

4

ステータス計算式

どく、やどりぎのタネ、ステルスロック等持続ダメージ• レベル50時のポケモンのステータス計算式 レベル50時のHP以外のステータス計算式に代入します。 同じ人間同士でも生まれつきの才能がある(生まれつき体が大きい・絶対音感があるetc. ベースとなるのはこちらのステータス計算式ですがポケモンのオンライン対戦ではレベル50以上のポケモンが自動的にレベル50となって対戦を行います。 個体値とはその名の通り、 「個体毎に異なるステータス」です。

3

ステータスの仕組み

やけどダメージ• 素早さの同速対決で負けないためにも、基本的には最速にするのが良いです。 通常なら抜けない相手のポケモンに対して先制で動き、相手の思考の裏をかくことも大切です。 最速とは (ポケモン育成論) ポケモンの 性格によるステータスの補正を素早さにかけ、 努力値も最大限まで振ることを、「最速」にすると言います。

ステータス計算式

種族値• じこさいせい等の回復量増加 - 3n• 仮想敵を意識する (ポケモン育成論) 素早さ調整をするときは、仮想敵を考えましょう。

1

ステータスの仕組み

物理攻撃力:物理攻撃技を使用しないポケモンで状態の自滅ダメージを小さくする• つまり同じポケモン同士だと、相手も素早さを最速にしている可能性があるので、どちらが先制で動けるかランダムになる可能性が高くなります。

16