重箱読み辞典 カ行

以下では「気概」の意味と語源について順番に解説していきます。 2文字とも音読みで読む「貴殿 キデン」が現在でも尊敬の意味合いで用いられるのと比べると、重箱読みであることが、尊敬の意味合いが失われた一因なのかもしれない。 この時期についた餅。

4

「気骨が折れる」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

【金縁】キンぶち 金色の縁取り。 ただ気骨を「きこつ」「きぼね」のどちらで読むかによって、意味が異なるので注意が必要です。

2021年2月26日 気骨が折れる、読みは?【ことば検定 林修先生】

キャは「脚」の特殊な音読み(唐音)。

14

気骨の読み方と意味、「きこつ」と「きぼね」正しいのは?

【菊菜】キクな 野菜の一種。 「燗」の本来の音読みはラン。 今はうなぎが大変高くなりましたから、もし今の時代に茂吉が生きていれば、この状況をどんな風に読んだろうかと考えるのは林先生だけでしょうか? 「気」をキと読むのはほとんど訓読み化してしまった音読みで、多くの重箱読みを生む。

15

「気骨が折れる」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

【斤目】キンめ ものの重さ。 「険呑」とも書く。 「気」をキと読むのはほとんど訓読み化してしまった音読みで、多くの重箱読みを生む。

8

2021年2月26日 気骨が折れる、読みは?【ことば検定 林修先生】

【銀筋】ギンすじ 銀色の筋。

13

「気骨が折れる」、読みは? 【ことば検定プラス】

明治時代、刑事は角袖の服を着ていた。 「褄」は、長い着物のすそを指す漢字。

14

「気骨が折れる」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

【京舞】キョウまい 京都で発達した日本舞踊の一種。 ポルトガル語からの外来語で、「合羽」と書くのは当て字。 キョウジョと2文字とも音読みでは読まないところに、和風の美が感じられるか? 【経木】キョウぎ お経を書くための細長い木の板。

8