インフュージョンリアクションとは

最近数名患者さんでいらっしゃいます。 本村ユウジです。

5

セツキシマブ治療におけるインフュージョン・リアクション軽減の試み

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。 【Reference】 ・. 即時型アレルギーも包含される概念ではあるが、NCI-CTCAE v4. IRR発現はタンパク製剤である分子標的薬に多く認められるが、特にヒト化がなされていない、いわゆる異種タンパク製剤であるRituximabやCetuximab等のヒトマウスキメラ抗体でその発現リスクは高く、完全ヒト型抗体であるほどその発現リスクは低下する (表1)。 インフュージョン・リアクション発生時の対応 その医薬品にもよりますが、高率で煩繁に起こるものもあり、その多くは 治療開始後24時間以内にあらわれます。

12

インフュージョンリアクション(infusion related reaction)

主な症状は、かゆみやじんましん、咳、吐き気・おう吐、発熱などで、主に点滴中やその直後に現れるのが特徴です。

5

がん治療の副作用アナフィラキシー・ショックとインフュージョン・リアクション

このアレルギー反応は、血液中にあって抗原と闘う機能をもつタンパク、IgE抗体が起こす反応です。 誰が味方で、誰が敵なのか分からないので、私はたったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。 そこで、投与時反応発生時の対応としては点滴速度を緩めるもしくは中止し、皮疹などの症状に対しては抗アレルギー作用を期待しジフェンヒドラミンを投与、発熱に対してはアセトアミノフェンの投与、喘鳴に対してはヒドロコルチゾンの静脈注射をすることなどが推奨され、重篤なアナフィラキシーショック時には静脈路の確保、酸素投与を行い、まずエピネフリン(0. 事前にインフュージョンリアクション発生を正確に予測することは不可能です。

10

インフュージョンリアクション(infusion related reaction)

リツキシマブとセツキシマブでは,前投薬によるインフュージョンリアクション予防が必須である。

10

インフュージョンリアクション

「注入に伴う反応」という意味で、 薬剤投与中または投与後24時間以内に多く現れる有害の総称として使われることが多い。

8

がん治療の副作用アナフィラキシー・ショックとインフュージョン・リアクション

5%)とのことです。 【サイト内 特設ページ】 がんに関する情報は、世の中に溢れています。

セツキシマブ治療におけるインフュージョン・リアクション軽減の試み

最近では、アレルギー反応が強く起こることが分かっているタキサン系抗がん剤のパクリタキセルを用いるときは、薬を点滴する前に抗ヒスタミン薬やステロイド薬などを投与して、アレルギーを予防する方法が義務付けられています。

6