【11月】個人案の文例【2歳児】

関わりが増えていけば、もちろん言葉を交わすことも増えてきます。 給食、間食• 年上の友だちとの交流を楽しみながら、豆まきをする。 友達の姿を見たり鏡などで具体的に目で見せ気づかせる。

2

【1〜5歳児年齢別】保育指導案(月案/週案)のねらいと内容、書き方を解説

今回は、2歳児クラス・4月の月案です。 自然物に触れる機会を多く設定し、秋の自然に子どもが興味を持てるよう関わることができたか。 遊びの中で箸で物をつまむ事に興味を持ち、集中して遊んでいる。

11

【11月】個人案の文例【2歳児】

ポイントは子ども主体になっているか。 他者との関わりを深める 【短期案】• 保育園の保育方針、教育の方向性などに則った上で指導案を計画していきましょう。

児童票の書き方の本ってある?0・1・2歳と3・4歳児の書きやすくなるコツ

保育者の言葉掛けで早めにトイレへ行き、排泄しようとする。 自分でクレヨンや水性ペンを出して、楽しそうにお絵かきをしている。

【2歳児】11月の月案の書き方や記入例

健康や安全• 2時間までしか認めない。

7

2歳児1月の月案・週案の文例

3月は気温の差が激しい日もあるので、寒暖差に注意しながら活動内容を臨機応変に考えていく。 交代するときには「どうぞ」、順番を変わってくれたときには「ありがとう」など、互いに言葉でのやり取りもできると、さらに良い関わりを築くことができますね。 さいごにもう一度まとめると・・• 前日の遊びの続きがすぐできるように、コーナーの準備をしておく。