孔子『人生は川の流れと同じだ。我々は、大河の一滴である。』(超訳)

そのことをただ怒ったり嘆いたりして日を送るのは、はたしてどうなのか。 この回は、糸井重里さんが母校の小学校に行って「言葉」に関する授業をしました。 だからこそ私たちは仏像を拝み、頭を下げ、感謝を捧(ささ)げるのだ。

6

五木寛之『大河の一滴』あらすじや感想!映画版も「新型コロナの不安を生き抜く哲学」

人は苦しみ、いやおうなしに老い、すべて病を得て、死んでゆく。

18

大河の一滴|日本映画・邦画を見るなら日本映画専門チャンネル

しかし、 大河の一滴たる自分が出来ることが、あるはずだ。 どちらが心にいいか、相対的に幸せか、は明らかだと思います。

7

大河の一滴

放送スケジュール. 今年の締めくくりとして、『大河の一滴』(五木寛之/幻冬舎)を読んでいろいろと考えてみようと思います。

20

大河の一滴,五木寛之

ということで、あらためて五木寛之さんに深く感謝したいと思います。 死に向かい進んでいると いうことは、 よく考えると当たり前のこと と思いますが、 このことを意識して 毎日を生活している人は そんなに多くないと思います。 そこでたくさんの例を用いて 説明をしてくれています。

14

五木寛之「心が萎えた人にこそ、前向きに生きなくていいと伝えたい」 なぜ今『大河の一滴』が響くのか

ということですが、私にはそううまくは使いこなせないような気がします。

『大河の一滴』五木寛之

本人にとっては相当にせっぱつまった心境だったのだろう。 親鸞が見つめたのは仏像や仏画ではなく、じつは目には見えない無量・無限の、科学的合理的世界と対立する世界=浄土であったといっていい。 その流れに身をあずけて海へと注ぐ大河の水の一滴が私たちの命だ。

8

読書感想文「大河の一滴(五木寛之)」

母なる海に抱かれてすべての他の水滴と溶けあい、やがて光と熱に包まれて蒸発し、空へのぼってゆく。 スポンサーリンク 五木寛之『大河の一滴』 映画版 五木寛之氏の 『大河の一滴』は、 東宝で映画化されています。 意味などあるのか。

1