刑事裁判の流れと仕組み。期間・費用まで徹底解説!

一方で、裁判官が勾留が不必要である判断をした場合は勾留請求は却下され、被疑者の身柄は釈放することになります。 そして、 起訴状に記載された内容に間違っているところはないか、要するに被告人が本当にそれを行ったのかなどを裁判官から質問されます。 交通事故で刑事事件化することってあるの? 刑事事件として検挙されるのは、主に自動車の運転によって人を死傷させてしまった場合です。

12

刑事事件の流れとは|警察の捜査から公判の流れを弁護士が解説

2 公判の開廷 時間になると、公判が始まります。 検察官は,証拠調べの終了後,被告人に科すべき刑罰について意見を述べます。 万引きや盗撮など 凶悪とまでは言えない態様の犯罪において• 【関連ページ】 自白事件の公判 自白事件では、初公判でステップ1からステップ3まで進むケースが多いです。

5

労働基準法違反が刑事事件となるまでの流れと、刑事事件になった場合の企業の不利益

勾留処分が下されると最大20日間勾留される• 公判 刑事裁判では、裁判所で裁判を行うことを公判といい、第1回公判は、起訴から約1か月後に行われるのが一般的です。

6

刑事事件の5つの流れを図解!釈放を目指すための対策とは

不服があったら控訴することもできますが、控訴しない場合には、判決通りの刑罰を受けることになります。 勾留質問は都市部では時間がかかる 被疑者は検事調べの時と同様に、裁判所の所轄地域の警察署から護送バスで十把一絡げで裁判所に連行され、検察庁と似たような同行室で、自分の順番が回ってきた時を除き、丸一日待機させられるわけです。

12

刑事事件と手続きの流れ|逮捕・勾留の期間を図解説

正式裁判とは 略式手続では済まないような事件については、 正式に裁判を開いて事件を審理する、つまりは「 正式裁判」が開かれることになります。 検察官の勾留請求 検察官の勾留請求により、裁判官は事件の内容を認めるか否認するか等勾留質問を被疑者に行い、勾留を行うか或いは請求を却下するか判断します。

法務省:1. 検察庁と刑事手続の流れ

逮捕されると警察署の留置場で生活することになるようです。 「 公判請求」されて 正式な裁判をうける このどちらかの流れをたどることになります。

7

刑事手続きの流れ~刑事事件の発生から処分決定まで

このように、労働基準監督官が行政機関としての取り締まりとして関与する過程で、重大悪質な事案については、労働基準監督官の判断で、犯罪としての捜査を開始し、刑事手続きへと移っていくのです。 事案によっては被疑者以外の参考人として目撃者・被害者等に事情聴取或いは取調べを行い、捜査を進めていきます。 勾留が満期を迎えたのですから、当然それ以上は1秒でも、被疑者の身柄を拘束しておくことは出来ません。

3

法務省:刑事事件フローチャート

国が費用を払ってくれるため、費用負担はないが弁護士を選ぶことができない、着任できるのは起訴後など制限がある。 勾留は10日が満期なのですが10日間捜査をしても、まだ処分を決定できないと検事が判断した場合、1度だけ裁判所に「勾留延長」を請求できます。

16