「ご教示ください」と「ご教授ください」の違いと使い分け

同僚や対等な関係にある相手に、メールや文書で依頼するのであれば「幸いです」を使うのが一般的ですが、電話や会話では「助かります」「ありがたいです」を用いても良いでしょう。

「ご教授ください」の意味と使い方と例文!「ご教示」との使い分け

最後は「結びの言葉」で本文を締めます。 必要な書類と照査先をご教示願います。 また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

3

「ご教授ください」の意味と使い方と例文!「ご教示」との使い分け

「教え授けていただけますと幸いです」とすれば正しい敬語ではありますが…長くなるため理由は省略。 「ご指導ご鞭撻」は、どんな場合でも挨拶やスピーチの「結びの言葉」「締めの言葉」として使います。 ご教授いただきますようお願い申し上げます• 用例その1:記念パーティーに招待する場合 ビジネスの場ではよくある、催事への招待の際に使われる一例です。

5

「幸いです」は実は目上の人に使っちゃダメ? 【ビジネス用語】

ビジネスメール結びをより丁寧にするコツ あまり関係ないのかもしれませんが重要なので念のため。 だから、適切に趣. また、類語や敬語についても考察しています。 「幸いです」はお願いの意味で使用しています。

18

ご教授いただけますと幸いです

<メールの構成>• ・お忙しいところ恐れイイりますが、ご都合の程をお知らせお願い申し上げます。

「いただけると幸いです」の意味と使い方|ビジネスメールでの例文

どうか 例文「 どうかご教授くださいますようお願い申し上げます」 例文「 どうかご教授くださいますようお願い致します」 例文「 どうかご教授いただければ幸いです」 例文「 どうかご教授いただければと存じます。 では、ビジネス上で「ちょっと教えてほしい」こととはどんなものでしょうか。

15

ご教授いただけますと幸いです

例文:今後とも ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。 突然のご連絡を大変失礼いたします。

12