提督「提督辞めてやろ!」

2015年05月18日 23:14• 執務室は半壊状態です』 『執務室には血痕がありましたが、遺体の確認はされていません。

16

ヤンこれ、まとめました

おまえらも試してみなwwww• 2015年05月19日 04:10• 「イタタッ! 由良さん! ギブ、ギブ!」 その言葉に由良はハッとなり、手を離して一三から身を離す。 現に、自分の周りを囲む艦娘たちの瞳は光を宿しておらず、その目は愛しい提督の姿を映し出していた。 秘書艦の執務机に提督の分の半分くらいの書類の山が出来ていた 天津風「じゃあ、始めるわね」 提督 ごめん…ごめんな ______ 天津風「…あなた。

【艦これSS】提督「敵の襲撃ついでに俺が死んだことにする?」【長門】

提督「無駄にガソリンを消費させやがって…」 提督は苛つ苛つきながらバイクを走らせ、夕方頃に内陸部の街に逃げていった。 。

8

【漣・曙SS】長門「総員!全力を挙げて提督を捜索しろ!」

そんな彼女に五月雨は「いいなぁ」と羨ましそうな言葉を漏らし、涼風は何だかなぁと姉達の騒動に巻き込まれる一三を哀れんだ。 提督になって初めて頼られたからな 木曾「アニキは自分の事のように解決法を考えてくれた。 幸いというか、こっちは湾だもの。

提督「艦娘の目の前で死ね。と?」

既に大和型が抜錨している。 って2人共先に行っちゃってるしー? 漣ちゃんを無断で置いてくことは国際条約第7条か何かに違反してるんだゾ! ぷんすか! 行こーぜぼのやん!」 曙「——えっ、ああ、ちょい待ってってか先に行っててくれる? なんかこう、拘りの比率にならなくて」 漣「初耳やで……? まあいっか、先行ってんねー」パタパタ 曙「…………」ドアガチャ 曙「そこはないと思う」 提督「灯台デモクラシー的なのを狙ったんだが……まさかこうも早く看破されるとは」 曙「してないから」 提督「よもやこんな分かりやすいところには隠れていまいと思わせて逃げ切るつもりだったんだが……」 曙「無理があるというか無謀というか、こんなのが作戦を立案してるのだと思うと素晴らしく不安になるわね」 曙「さて、どうしてくれようか。

1

提督「提督辞めてやろ!」

夕立「やっと捕まえたっぽい!」ハイライトオフ 提督「離れろ!」 提督はウィンドブレーカーを脱いで夕立を引き剥がす! 夕立「やられたっぽい!でも提督の上着はゲットっぽい!」クンカクンカ 吹雪「ちょっ、夕立ちゃんズルい!」 提督「どらぁ!」 吹雪が夕立に気をとられている間に吹雪を突き飛ばし、提督はバイクに飛び乗る。 じゃあまたそのうち!」ダッシュ 第七駆逐隊の部屋・フタマルヨンマル—— 鈴谷「ねー、ナミちゃん達提督探し行かんのー? もー皆チョー本気出してるけど? 出遅れちゃってるよ?」 漣「あー、いーのいーの。 あの時は嬉しかったぜアニキ!」 提督「まあ部下の悩みを解決するのは当然の事だからな!」 木曾「二人で話し合った結果、強くなれば解決するのでは?という結論になった! そして、悩みを打ち明けた次の日から二人で、毎日基本的なトレーニングをするようになった。

提督「…辞めて欲しい?」

青葉「あっ!司令官ったら、やせ我慢してるんでしょう?本当は心臓が動いているはずです!」 引きつった笑顔を作りながら青葉は言い、提督の心臓に胸を近づける。 前作であまり登場しなかった艦娘を出すつもりです。 」ホッ 提督「あれぇ〜?青葉ちゅわ〜ん?どうしてそんなに慌ててるのかなぁ〜?」 青葉「…………………比叡カレー」ボソッ 提督「何でもないです。

提督「…辞めて欲しい?」

提督「何かが来る…。 けれど本当の事を話しては……せめて深海棲艦が動きを見せるまでは) 鳳翔「では各自、全力を尽くすように! 私は間宮さん達と炊き出しの準備をしますから、何かあれば運動場へ来てくださいね」 鳳翔「……あら、朝潮さん。 最後に、俺の質問に答えてくれてありがとう。

【艦これ】提督「艦娘にドッキリを?」青葉「はい」if : あやめ速報

その顔は泣いてはいたが、ずっと肩にのしかかっていた重りが取り払われたようで……どこか幸せそうだった。 貴方のような男を提督と呼び慕い、貴方に喜んでもらおうと皆懸命に戦った。 また以前のような艦船ではなく艦『娘』である由良達は、軍属ではあるが協力者という立場にあり、人と艦娘としての線引きという名の差別、区別は以前あるものの深海棲艦という脅威に立ち向かう事が出来るのは彼女たちしかいない。

2