エレナ・チャウシェスクとは

当時、ルーマニア国内のテレビでは「記録的豊作である」と宣伝されたが、当時の平均的なルーマニア国民が経験した窮乏との落差・矛盾はどうやっても説明がつくものではなかった。 ローマ人の血筋を引いているので、ルーマニアは東欧で唯一のラテン系民族の国です。 捕えられたニクは、人々に口々に罵られその模様は国営テレビにて全国民に向けて放映されました。

15

BS朝日

ルーマニア国内で生産、収穫された穀物や工業製品のほとんどを輸出に回し、莫大な対外債務を9年で完済するが、そのしわ寄せとして、国内で物資が不足し配給制度に・・・。 チャウシェスクは大統領就任以前も元首である国家評議会議長であったが、国家評議会議長は国家評議会という「国家元首の機能を果たす合議体」の長という形式(、民主化以前の、2015年現在のなどの社会主義国でも国家評議会議長が国家元首)であるのに対し、大統領は単独で国家元首であるのが異なっている。 2019年7月30日閲覧。

020.クリスマスに処刑。

独裁化が進んでいきます。

14

チャウシェスク大統領【公開銃殺されたルーマニア最大の独裁者】

Romania versus the United States: diplomacy of the absurd, 1985-1989. 離婚に対しても厳しい制限をつけるなど、徹底した人口増加政策を推し進めましたが、結局のところ失敗し、捨て子やストリートチルドレンを増やす結果となりました。

8

エレナ・チャウシェスク ルーマニアの20世紀最悪の女独裁者

チャウシェスクの最初の仕事は、政党名をルーマニア労働者党からへ戻すことと、国名を「ルーマニア人民共和国」から「」へと変更したことであった。 革命の際に身柄を拘束される。

15

チャウシェスク大統領【公開銃殺されたルーマニア最大の独裁者】

デジの後を継ぐことになるニコラエ・チャウシェスクは、学校教育をほとんど受けて いません。 また小学校中退という学歴の低さにコンプレックスを持っていたエレナは、他人に書かせた論文を自分名義で発表しあらゆる分野の博士号を取得します。

12

ニコラエ・チャウシェスク

チャウシェスクはデジと昔からの親友ではあったが、デジが死んだ時点では明白な後継者というわけではなかった。 生涯の愛人は数十人から数百人「エカテリーナ2世」 1729年に北ドイツで生まれたエカテリーナ2世ことゾフィー・アウグスタ・フレデリーケは貧しい貴族の出身でありながら1744年6月29日にはのちに第7代ロシア皇帝となるピョートル3世と婚約、皇太子妃となります。

6

【悪妻・悪女】歴史に名を残した悪い女たち

毛沢東の死後に逮捕・投獄され、最終的には獄中で自殺をしています。

13