【最新版】年金支給日がいつか分かる早見表!2019年・2020年・2021年まで掲載

3-1 2017年(平成29年)の障害年金支給日 支給日 何月分が支給されるか? 2017年2月15日 水 2016年 12月分と 2017年 1月分 2017年4月14日 金 2017年 2月分と 3月分 2017年6月15日 木 2017年 4月分と 5月分 2017年8月15日 火 2017年 6月分と 7月分 2017年10月13日 金 2017年 8月分と 9月分 2017年12月15日 金 2017年 10月分と 11月分 3-2 2018年(平成30年)の障害年金支給日 支給日 何月分が支給されるか? 2018年2月15日(木) 2017年 12月分と 2018年 1月分 2018年4月13日(金) 2018年 2月分と 3月分 2018年6月15日(金) 2018年 4月分と 5月分 2018年8月15日(水) 2018年 6月分と 7月分 2018年10月15日(月) 2018年 8月分と 9月分 2018年12月14日(金) 2018年 10月分と 11月分 3-3 2019年(平成31年)の障害年金支給日 支給日 何月分が支給されるか? 2019年2月15日(金) 2018年 12月分と 2019年 1月分 2019年4月15日(月) 2019年 2月分と 3月分 2019年6月14日(金) 2019年 4月分と 5月分 2019年8月15日(木) 2019年 6月分と 7月分 2019年10月15日(火) 2019年 8月分と 9月分 2019年12月13日(金) 2019年 10月分と 11月分 3-4 2020年(平成32年)の障害年金支給日 支給日 何月分が支給されるか? 2020年2月14日(金) 2019年 12月分と 2020年 1月分 2020年4月15日(水) 2020年 2月分と 3月分 2020年6月15日(月) 2020年 4月分と 5月分 2020年8月14日(金) 2020年 6月分と 7月分 2020年10月15日(木) 2020年 8月分と 9月分 2020年12月15日(火) 2020年 10月分と 11月分 4 まとめ 今回は、障害年金の初回支給日の確認方法についてご説明し、また、2回目以降の支給日や支給のルールについても解説しました。 2021年12月15日(水) 2022年の支給日一覧 2020年の障害年金支給日は、以下が予想されます。 多くの場合、9時になり金融機関がオープンした時点で振り込まれています。

10

年金支給日に売れるものベスト15、年金支給日は偶数月の15日です

未支給年金の確定申告 亡くなった人の未支給年金は、その支給金を受け取った方の一時所得に該当し、確定申告が必要になる場合があります。 65歳以上 先にお伝えした通り、現行の年金制度では、年金受給は 65歳からとなっていますが、早くから年金を受給したい場合は、 60歳から「 特別支給の老齢厚生年金」を受給できます。

5

年金支給日に売れるものベスト15、年金支給日は偶数月の15日です

年金受給者が死亡した場合の年金受給• 2020年6月15日(月)• 支給日を把握することはとても大切なことです。

5

<在職老齢年金>退職する場合、年金はいつから満額支給される?

ぜひ最後までご覧ください。 「未支給【年金・保険給付】請求書」(複写帳票)• 本記事では年金支給日はいつになるか、基本的なルールと振り込まれる金額、2020~2021年の年金支給日を具体的に解説しました。

年金はもらえるようになった翌月分から支給される

相続税がかからない 未支給年金の金額 年金の金額は人によって異なります。

6

年金支給日に売れるものベスト15、年金支給日は偶数月の15日です

年金受給者が死亡した場合、死亡した月の分まで受給できる• なお、 受給要件に該当しなかった場合には「不該当通知書」が送付されます。

6

年金の受給/札幌市

通常、年金の支給月は偶数月(2月・4月・6月・8月・10月・12月)になりますが、上記の場合は 「随時支給」といって、1月分の年金は3月に支給されることになっています。 2021年4月15日(木)• そして、障害年金は後払い制になっており、支払日に支払われるのは前々月分と前月分です。 2-3 支払開始年月が5年以上前の場合は時効に注意 支払開始年月が5年以上前の場合は、注意が必要です。

年金の受給/札幌市

亡くなった方と請求する方が生計を同じくしていたことがわかる書類(死亡した受給権者の住民票(除票)および請求者の世帯全員の住民票 等)• 「亡くなった人と生計を同じくしていた」ことの認定要件は、未支給年金の請求しようとする人が、配偶者または子の場合と、それ以外の場合とで異なります。 年金が振り込まれたかどうかは、 インターネットバンキングを利用すると、自宅や移動中など好きな場所で簡単に確認できます。 老齢基礎年金の場合では、通常は、65歳になった月の翌月の分から支給が始まり、亡くなった月の分までを受けることになります。

8

年金はもらえるようになった翌月分から支給される

特別支給の老齢厚生年金は、支給開始年齢が上がることで困る人を救済し、段階的かつスムーズに制度を移行することを目的として設けられました。 ) そして、 6月 4日の属する月の翌月、つまり令和元年 7 月分から年金をもらえるようになります。 年金事務所の手続きに遅れが生じたときは、上記のルールよりもさらに1か月後の15日が初回の支給日となることがあります。

20