福岡が順大医学部合格 今季限りで引退、医師目指す―ラグビー:時事ドットコム

中国・四国• 福岡県出身の福岡は筑波大在学中に15年W杯に出場し、7人制代表としても16年リオデジャネイロ五輪にも出場。

8

ラグビー 福岡堅樹 順天堂大医学部合格 今季で引退 医師の道へ

このような人生設計を立てていたが、五輪延期に伴い昨年6月に7人制を断念。

6

ラグビー日本代表・福岡堅樹、医学部合格の快挙で浴びせられた“冷笑” 受験生たちの本音とは|日刊サイゾー

ラグビー元日本代表の福岡堅樹 2019年ラグビー・ワールドカップ(W杯)で、日本初の8強入りに貢献したWTB福岡堅樹(28)=パナソニック=が20日、順天堂大医学部に合格したことをツイッターで報告した。 「医学部入試に関しては2018年、複数の大学で女子や浪人生を不利に扱っていたことが分かり、大騒ぎになりました。

福岡が順大医学部合格 今季限りで引退、医師目指す―ラグビー:時事ドットコム

祖父は内科医、父は歯科医。 。

18

福岡堅樹も順天堂大医学部に合格「文武両道な人」がラグビー選手に多いワケ

今回、福岡氏が合格した順天堂大も、母校・筑波大同様に医学部とスポーツ健康科学部があり、氏など有名アスリートの出身校でもある。

ラグビー福岡堅樹が明かす医学部受験。化学が得意、勉強は「超集中型」|ラグビー|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

福岡選手はラグビー選手として活躍するかたわら週3回ほど医学部専門の予備校に通い1日6時間にわたって授業を受けるなど受験勉強も続けていました。 秋田大学医学部進学後も陸上競技を継続し、大学5年生の2018年日本選手権では自己新記録のタイムで4位に入った。

16