危機管理が出来ない経営陣、優良企業というのは過去の話でいまは規模だけ‼ デンソー巨額リコール なぜ欠陥燃料ポンプを造ったか トヨタ自動車グループの高品質の一翼を担ってきたデンソー。その高品質の看板に|風見鶏|note

責任を取れるリーダー不在の体質に問題がある」という見方もトヨタOBからは出ている。

9

デンソーの欠陥燃料ポンプ問題が深刻化 世界で479万台超の大規模リコールに

リコール対象はトヨタ322万台、スバル20. そのため、1回目と2回目の届け出において重複するクルマの製造期間がある。 特に、設計や生産、使用環境(販売する市場など)に変更が加わった場合、良品回収調査を省略することは許されない。

5

新規トヨタ車リコールで460億円の追加賠償、デンソー品質問題

「ひどい金額だ。

7

【デンソー】リコール問題も山積、リストラも?これからは忍耐の時。

「多くても不具合件数が10件程度出た際にワイブル解析を実施すべきだった。

10

トヨタのリコールで460億円の追加賠償、デンソーの欠陥燃料ポンプ問題

材料の樹脂は、ガラス繊維とタルク(ケイ酸マグネシウム)を含むフィラーを、強化材として合計40%ほど含有させたポリフェニレンスルフィド(PPS)と見られている。 こうしたリコールでデンソーが負った賠償金(リコール対策費用)は、実に2200億円だ。 有料会員の方のみご利用になれます。

13

トヨタ、ノア など30車種11万2000台をリコール 燃料ポンプ不具合でエンストのおそれ

前編は欠陥を起こした直接的な原因「直接原因」を明らかにする。

12

デンソー、部品の不具合を確認後も供給…ホンダ、マツダ向け[新聞ウォッチ]

この材料を金型に射出成型する時、金型温度が150度を下回り、結晶化度が低くなり、「疎」の部分で隙間の割合が大きくなりすぎ、ガソリンが進入。

10

CR

(イラスト:穐山里実) リコールとなったホンダ車が搭載していたのは、欠陥のある低圧燃料ポンプだった。

17

デンソー欠陥問題がホンダに波及、判断遅れ計479万台リコールへ

この事態を受けて、デンソーは不要不急の設備投資を見直すだけではなく、これまでは子会社を含む外部企業に依頼していた次期型製品や類似製品 注1)の設計開発業務の発注も凍結。 【1】低圧燃料ポンプの作動不良は、燃料ポンプの樹脂製インペラ(羽根車)が変形(膨張)し、外周に当たっているようだ。 この材料と加工方法は昔から使われてきており、同様の不良も記録されており、十分に対策されていたものと見られていた。