バイエルンがホッフェンハイムに黒星、連勝は23でストップ 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News

2月29日に行われたブンデスリーガ第24節ホッフェンハイム対Bミュンヘン戦で、バイエルンサポーターの一部がホッフェンハイムの出資者、ディートマー・ホップ氏を屈辱するバナーを掲げ、試合は2度中断されることに。 左CKからビカクチッチにヘディングシュートを決められた。 サイドバック、インサイドハーフ、ウイングの三角形の頂点を入れかえながら、コンビネーションで崩すことを得意としている。

11

ホッフェンハイム対バイエルン戦で両軍プレー拒否、侮辱的横断幕に抗議 写真11枚 国際ニュース:AFPBB News

互角の攻防で立ち上がった中、シュツットガルトが20分に先制する。 しかし、66分にの一部のサポーターからのオーナーであるディートマー・ホップ氏に対する侮辱があったとして試合が一時中断。

16

【君の名は】バイエルン対ホッフェンハイム【ナーゲルスマン】

試合はアウェイのが62分までに6点リードを記録。

13

バイエルンの一部ファンが相手オーナー侮辱で試合一時中断、選手がプレー放棄で異様な光景に

クロス爆撃は可能かもしれないが、その位置から突破をすることができればより破壊力を増しそうだ。

ãƒ

ロッベンを下げて、コマンをサイドにはらせて、両サイドからのクロス爆撃をさらに強化する。 2019年12月18日に行われたブンデスリーガ第16節のフライブルク戦がプロデビュー戦となったザークツィーだが、デビュー戦でいきなり初ゴールを決めている。 バイエルンのビルドアップが2センターバックから始まりますけど、それに対してホッフェンハイムの2トップがアプローチでハメに行ってましたね。

バイエルンがホッフェンハイムにまさかの完敗… 公式戦無敗記録が32でストップ《ブンデスリーガ》(超ワールドサッカー)

1-1と同点のまま迎えた90分、途中交代でザークツィーがピッチに立つ。 ・バイエルンのロベルト・レヴァンドフスキはブンデスリーガ史上初めて、第6節終了時に二桁得点をマークした選手となった。 豊富なゴールパターンから驚異的なペースでゴールを決めているレヴァンドフスキだが、2019年10月1日に行われたチャンピオンズリーグ CL グループステージのトッテナム戦では、美しいパスワークからゴールを決めている。

12

サポーターによる侮辱行為はドイツを揺らす社会問題の一端…フライブルク監督が警鐘を鳴らす (1/2ページ)

ナーゲルスマンの今後は注目。

7