山健組(中田浩司組長)が神戸山口組に宣戦布告・木村会も六代目山口組入り、どうした神戸山口組解散か?

さらに6代目山口組組長の司忍は、山口組分裂後、離脱グループについて「若い衆に罪はない」といった意向を表明している。 絶対的ナンバーツーと言われる髙山若頭(中央)。 六代目会津小鉄会若頭の心誠会『原田昇』会長が七代目を襲名するというFAXが全国に送られたが、六代目会津小鉄会『馬場美次』会長は身に覚えがなく偽造されたものと否定、原田若頭を絶縁するというFAXを全国に送った。

6

「若頭の刺傷からガタガタし始めた」名門・山健組が神戸山口組から独立宣言《勾留中の組長が指令》

それで『若い衆が勝手にやりました』と言っておけばよかった。 同じく11月、六代目山口組系竹中組の元組員・朝比奈久徳が尼崎市で神戸山口組の古川恵一幹部を自動小銃でハチの巣状にして殺した。

20

「若頭の刺傷からガタガタし始めた」名門・山健組が神戸山口組から独立宣言《勾留中の組長が指令》

翌日、京都市下京区にある会津小鉄会の本部に原田若頭派の組員らが集まったが、馬場会長を支援する神戸山口組系組員ら数十人が本部に乗り込み、原田若頭派の組員を追い出して本部を奪還。 聞こえてくるのは、自分一人になっても神戸山口組は解散しない、自分もヤクザの足は洗わないという決意だけである。

16

【追記あり】山健組中田浩司(広志)組長が逮捕起訴:山健終わったのか?神戸山口組井上邦雄組長も逮捕?組長不在で山健はどうなる?

ヤクザ取材のエキスパートとして知られる。 分裂騒動があっても即座に絶縁にしなかったのは理解できますね」 ここで、過去の山口組内の抗争事件を振り返ってみよう。 会津小鉄会は同じ名称の七代目会津小鉄会(金子派)と七代目会津小鉄会(原田派)が並立することとなった。

中田浩司 : 神戸山口組を研究する会

2週間の怪我を負いましたが、幸い命に別状はありませんでした。 元神戸山口組若頭代行・山健組副組長で、山健組の3分の1の勢力を引き連れて離脱。

【画像+経歴】山健組:中田浩司組長を逮捕!若頭代行も務める

山健組の当代は、2018年5月に井上邦雄組長から継承した5代目の中田浩司組長。

2

【追記あり】山健組中田浩司(広志)組長が逮捕起訴:山健終わったのか?神戸山口組井上邦雄組長も逮捕?組長不在で山健はどうなる?

いったい真相な何なのか…謎です。

神戸山口組の分裂・対立続く…処分通達でも山健・中田組長に先手を取られて

タグ :• 二人は今でも立場を越えてツーカーの仲らしい。

18