高額医療・高額介護合算制度とは…介護費用の負担軽減 [介護] All About

先進医療にかかった治療費• ただし、診療のある月の標準報酬月額が53万円以上である70歳未満の被保険者またはその被扶養者については、自己負担限度額は20,000 円となります。 基本的に返済の必要はないのですが、仮に、高額療養費の支給決定額が、貸付金よりも少なかった場合には、返納証明書が自宅へと郵送されるので、期日までに納付する義務が発生します。 また、入院時の食事療養や差額ベッド代、先進医療にかかる費用、保険のきかない診療などは高額療養費の対象になりません。

2

高額療養費制度~医療費が高額になっても全額支払わなくても良い!?

「世帯合算」による自己負担限度額の軽減 高額療養費は、以下に該当する1ヶ月間に負担した医療費全てを合算することができます。

5

医療費が高額になりそうなとき

自営業者の方など、市区町村名が記載されている人は、各市区町村の「国民健康保険窓口」が申請場所です。

13

高額な医療費は還付される!知らないと損する高額療養費制度を解説|気になるお金のアレコレ:三菱UFJ信託銀行

クレジットカード会社の契約書や明細を保管しておきましょう。 ・被保険者本人が住民税非課税の場合は、被保険者の(非)課税証明書を添付してください。

17

高額医療制度の申請手続きってどうやるの?申請方法とは? [ママリ]

具体的にいくらから高額医療費が適用されるのかについては、このあとご説明していきます。 6 特定疾病の特例 血友病や抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群、人工透析を必要とする慢性腎臓疾患など、長期にわたって高額な医療費を負担する疾病で厚生労働大臣が定めるものについては、特定疾病として高額療養費の対象となり、1カ月の自己負担額は1万円で済みます。

19

高額療養費について

申請のタイミングは医療費支払前・支払後の2パターン 高額療養費制度を利用する際は、自分が加入している健康保険(公的医療保険)に申請書を提出します。 ・胃ガン:¥643,765 ・大腸ガン:¥636,557 ・肝臓ガン:¥627,624 ・肺ガン:¥703,280 ・乳ガン:¥605,588 もちろん、ガンの部位や治療方法にもよりますが、 全体でかかる治療費は約60万~70万円となることが一般的になります。 ただし、死亡の場合は、死亡日が基準日となり、申請期限はその翌日から2年間となります。

17